インフォメーション

  • HOME 
  • › インフォメーション 
  • › ~皇居外苑濠の水草や生分解性ストローを堆肥として活用~ サステナブルな野菜を使ったスープ登場

~皇居外苑濠の水草や生分解性ストローを堆肥として活用~ サステナブルな野菜を使ったスープ登場

~皇居外苑濠の水草や生分解性ストローを堆肥として活用~ サステナブルな野菜を使ったスープ登場 ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツでは、横浜ロイヤルパークホテル 髙橋 明 総料理長監修のもと、
生分解性ストローを使った堆肥から栽培されたトウモロコシと皇居の菱を使った堆肥から栽培した玉ねぎを
それぞれ冷製のコーンスープと温製のオニオンスープに加工しました。
ロイヤルパークホテルズ6ホテルにて8月25日より提供開始いたします。

【提供ホテル】
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留
ザ ロイヤルパークキャンバス 銀座8
ザ ロイヤルパークキャンバス 名古屋
ザ ロイヤルパークキャンバス 京都二条
ザ ロイヤルパークキャンバス 大阪北浜
ザ ロイヤルパークキャンバス 神戸三宮

※提供方法はホテルにより異なります。

【提供期間】
2021年8月25日~10月31日(無くなり次第終了予定)



三菱地所グループ、都市と地方をつなぐ取り組み
三菱地所グループは2019年より、大地への恩返しプロジェクトと題し、
皇居外苑濠に繁茂する水草「菱(ひし)」を堆肥化、この堆肥を用いて山梨県で栽培された野菜を
買い取り、三菱地所本社カフェテリアやロイヤルパークホテルズにおいて食材として活用しています。
また、本年8月よりロイヤルパークホテルズの飲食店舗等で使用するストローを、三菱ケミカル株式会社
が開発した生分解性樹脂「BioPBS」製品に切替、同社が行う生分解性樹脂の堆肥研究に参加。
この研究過程で栽培された野菜をロイヤルパークホテルズが食材として利用しています。

※画像はイメージです。